喀痰吸引等研修 / 認知症介護研修(リーダー研修)/ 認知症対応型サービス事業管理者研修/従業員離職防止サポート


喀痰吸引等研修 / 認知症介護研修(リーダー研修)/ 認知症対応型サービス事業管理者研修

株式会社プレゼンス・メディカルでは、平成24年4月1日に施行された改正後の「社会福祉士及び介護福祉士法」により、介護職員等による喀痰吸引等の医療的ケアの実施が制度化されたことから、特別養護老人ホーム等の施設・事業所、居宅において必要なケアを安全に提供するため、適切に喀痰吸引等を行うことのできる介護職員等を養成することを目的とした研修を行っております。

喀痰吸引等研修とは
喀痰(かくたん)吸引等研修は、介護職員が、一定の条件の下でたん吸引等の実施が可能となったことを受けて、2012年4月から始まった研修です。 たんの吸引や経管栄養は「医行為」と整理されており、現在は、一定の条件の下に実質的違法性阻却論により容認されている状況。 研修(実地研修含む)の修了によって、お勤めの施設や在宅サービスで喀痰吸引などを行うことが認められます。 介護職としてのケアはもちろん、こちらの研修を受けることによって、さまざまな状況の利用者様のケアを行うことができます。

認知症介護実践リーダー研修とは
認知症介護実践リーダー研修は、研修生が研修終了後に自分の介護現場に戻って、介護現場の実践リーダーとして他の職員を指導し、支援し、チームケアのための調整役を行い、認知症介護の質の向上の推進役になること、そしてその際に認知症介護の理念を現場の実践において展開できるようになることを目的としています。

認知症介護実践者研修とは
認知症高齢者がその有する能力に応じて自立した生活を営むことを支援できる、実践的な認知症介護の知識と技術を身につけ、どのようなサービス形態であっても福祉専門職として、認知症介護を展開できる能力を発揮できる力を身につけることを目的としています。
地域密着型サービス事業の認知症対応型共同生活介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護の管理者に従事される方、認知症対応型共同生活介護、小規模多機能型居宅介護の計画作成担当者として従事される方は、認知症介護実践者研修の修了が、必須条件のひとつとなります。  変更や新規設立のため管理者、計画作成担当となる方は、必ず受講していただく必要があります。

医療機関・介護福祉施設・保育施設向け従業員離職防止サポート

身体を動かしながら、カウンセラーの問いかけで効果的に集中させることにより 頭に貯まった問題を改善する事が出来るオリジナル プログラムにより、医療機関・介護福祉施設・保育施設で働く従業員のメンタルケアを行い、 元気な職場づくりをサポートいたします。 年々深刻化する企業内メンタル不調者の増加に対し、厚生労働省も平成18年度より対策を進めていますが、その発症者、潜在者数は増加する一方にあります。このような状況に歯止めを講じる目的で 独自の専門家チームと企業を対象としたメンタルヘルス教育研修プログラムを開発しました。このプログラムは企業・組織など集団で参加できるので、コミュニケーション不足を解消し、チームワーク作りにも役立ちます。
詳しくはこちらをご覧ください