アロマを企業ブランディング・販促マーケティング・顧客コミュニケーションに活用

HOME > アロマでマーケティング

香りには、理性ではコントロールしきれない感情の喚起や記憶の覚醒を促す特性があります。香りの成分が人の情動や記憶をつかさどる脳の大脳辺緑系に直接作用するからです。科学的研究によって、欲求、好き嫌い、意欲などを、大脳辺緑系で作り出されることが実証されています。この力を空間演出や販売に直接活用して、企業・ショップが自社のブランドイメージに基づいて、独自の香りを開発するまったく新たなマーケティング手法のことを「ブランドセント」と言います。 「ブランドセント」をいち早く取り入れることで、香りををマーケティング戦略の一環として利用し、ブランド力・集客率・売上アップに繋げております。

香りマーケティング Scent Marketingとは

嗅覚は、非常にパワフルな感覚の一つで、五感の中で遮られることがない唯一の感覚でもあります. 人は65%の正確さで1年前の匂いを思い出すことができます。テリハカナダのソリューションははこの”香り”を科学的に解明しビジネスにおいて効果的に応用したものです. ある金融サービス会社での調査では、シナモンの香りが漂う環境では従業員のミスが40%減ったという結果が出ています. また、ブランドイメージを高める手法として「嗅覚」へ訴求することでより効果的なプロモーションを可能にしています。 「香り」という要素を加えることで、顧客とのコミュニケーションがより立体的で多角的にブランドを伝えることができ、他社ブランドとの差別化が図れます。

アロマを企業ブランディング・販促マーケティング・顧客コミュニケーションに活用いたします。

たとえば、ショールームでは、オリジナルの香りを使ったブランディング。ホテルではお客様にリラックスして過ごしていただくための居住性の高い空間作り、オフィスでは集中力アップによる業務効率の向上など。 アロマ空間デザインは、エッセンシャルオイルの持つ天然成分の効果を活かしながら、お客様それぞれのサービスやニーズに合った空間デザインをご提案。香りの力を最大限に発揮できるようにアロマ空間デザイン導入をサポートします。

さまざまな場所で使われている香り