小規模事業場産業医活動助成金は下記機構の助成制度です。

独立行政法人労働者健康安全機構

小規模事業場産業医活動助成金について

 職場において労働者の健康管理等を効果的に行うためには、医学に関する専門的な知識が不可欠なことから、常時50人以上の労働者を使用する事業場においては事業者は産業医を選任し、労働者の健康管理等を行わせなければならないこととなっており、労働者数50人未満の事業場については産業医の選任義務はありませんが、労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識を有する医師等に、労働者の健康管理等の全部又は一部を行わせるように努めなければならないこととされています。
 この「小規模事業場産業医活動助成金」は、小規模事業場が産業医と締結する産業医活動契約、又は保健師と締結する産業保健活動契約のいずれかに、契約した産業医又は保健師に労働者が直接健康相談できる環境を整備した条項を含めた場合に助成するものです。

50名未満の事業場において、国が産業医や保健師との契約にかかる費用の一部を助成し、また従業員が会社を通さずに直接産業医や保健師と対話できる仕組みに関して助成することで、50名未満の事業場の安全と健康管理を促進するために、この小規模事業場産業医活動助成金は存在してます。

小規模事業場産業医活動助成金のコースの違い

小規模事業場産業医活動助成金は三つのコースがあります。違いについてご説明いたします。

産業医コース

 産業医の要件を備えた医師と職場巡回、健康診断異常所見者に関する意見聴取、保健指導等、産業医活動の全部または一部を実施する契約を締結し、契約を締結した産業医が産業医活動の全部または一部を実施した、労働者50人未満の事業場。

保健師コース

 新たに保健師と健康診断異常所見者や長時間労働者等に対する保健指導、高ストレス者等に対する健康相談、健康教育等の産業保健活動の全部または一部を実施する契約を締結し、契約を締結した保健師が産業保健活動の全部または一部を実施した、労働者50人未満の事業場。

小規模事業場産業医活動助成金 産業医コース 助成上限 20万円

産業医と50名未満の小規模事業場との契約にかかる費用の一部を負担する事業です。40万円を上限として、産業医との契約の実費を負担します。

小規模事業場産業医活動助成金 保健師コース 助成上限 20万円 

公衆衛生の専門家である保健師と小規模事業場との契約を助成します。産業医コースも保健師コースも両取りすることもできます。

直接健康相談環境整備コース 助成上限 20万円 

上記二つの小規模事業産業医活動助成金にプラスして、産業医または保健師と事業主を介さずに、直接相談できる体制を整備するための助成金です。