産業保健師とは

 従業員の健康管理を経営指標と捉える概念は1990年代に米国で生まれ、すでに健康経営に力を入れる企業はパフォーマンスが高いという実証研究結果のデータも発表されています。あまりこの分野に関心がなかった日本企業においても、近年のメンタル不調者の増加、高齢化による従業員の平均年齢の上昇を背景に、健康管理に対して真剣に取り組む企業が増えつつあります。

しかし、産業医の人数不足や、健康という分野の特殊性から社内にエキスパートがいないなどの課題もあります。そこで昨今、注目されているのが「産業保健師」です。

保健師とは「保健師助産師看護師法」という法律で下記のように定められています。

厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者さらに保健師の要件しては保健師になろうとする者は、保健師国家試験及び看護師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければならないという定めが置かれています。つまり保健師は、前提として看護師免許を持ったうえで、公衆衛生についてより専門性の高い役割を担っています。

産業医と産業保健師の大きな違い

企業で働く方にとって、産業医に馴染みのある方は多いと思いますが、産業医と保健師はどのように違うのでしょうか?これから産業医と保健師の違いについて、見ていきましょう。

  産業医 産業保健師
資格 医師免許 保健師免許+看護師免許
仕事内容

職場巡視、健康診断の結果確認

ストレスチェックの実施

衛生委員会への参加

労働者との面談など

健康診断結果のデータ整理や分析

職場内で発生したケガ・病気の治療

求職者や長時間労働者との面談

職場巡視の同行

衛生委員会への出席

勤務体制 ①嘱託産業医 月1時間~
②専属産業医 週3日~
週5日勤務
設置義務 労働者が50人以上の事業所は設置義務あり 設置義務なし

産業医ではカバーしきれない従業員の不調に対応できる

産業保健師の活動内容は、

  • 健康診断結果のデータ整理や分析
  • 職場内で発生したケガや病気の治療
  • 社員への保健指導業務
  • 過重労働やメンタルヘルス対策
  • 休職者や長時間労働者との面談
  • 職場視察の同行や安全衛生委員会への出席 など

こうしてみると産業医と重なる業務も多く、だからこそ普段忙しい産業医だけでは対応できない業務をカバーできるのではないでしょうか?

従業員の不調に対して産業保健師が可能な限り対応することで、より徹底した健康管理を実現することができるでしょう。

それ以外でも、産業保健師が対応可能な業務を実施していくことで、産業医の負担軽減が望まれ、その分徹底した産業保健活動が見込まれます。

より徹底した保健指導や健康管理のためにも、特に従業員が多い企業や不調者が多い企業では、産業保健師の設置をご検討されてみてはいかがでしょうか?

産業保健師を導入するメリット

①人事労務担当者が抱える労働衛生関係の業務負担を軽減

人事労務担当者は通常業務に加えて、労働衛生関係の業務を担うことが多く、専門知識も十分でない場合には、負担に感じることも…。ほとんどの産業保健師は衛生管理者資格を保有しており、労働衛生業務全般に精通していることから、労働衛生関係業務分担をすることができます。また、最近では、健康経営について産業保健師に相談する企業も多くなっています。 ※保健師資格にて第一種衛生管理者資格を申請・取得することが可能

②企業担当者・従業員との“距離の近さ”

産業医を選任していても、月に1回程度の訪問では、衛生委員会や長時間残業面談のみで終わってしまい、日々の業務に関する相談や従業員のちょっとした健康相談は依頼しづらいと感じていませんか?産業保健師は、従業員にとって「身近で相談しやすい保健室の先生」のような存在ですので、 産業医よりも気軽に相談ができるため、毎週訪問など訪問頻度を増やすことにより産業保健活動の 効果も上がります。

③早期発見・早期対応が可能

ちょっとしたことでも気軽に相談できる産業保健師。健康診断結果に基づく保健指導で従業員の健康意識を向上させたり、メンタルヘルスが気になる従業員に対する早期のケア等、早め早めの対応を得意としています。産業医面談の対象の基準には達しない軽度の不調を抱えた従業員に対し、産業保健師がきめ細やかに対応することで、潜在化する職場の問題の把握や、従業員の生産性向上にも繋がります。

④圧倒的なコストパフォーマンス

産業医はコストが高く、依頼できる業務も限られます。しかし、産業保健師は比較的低コストで、専門的な相談はもちろん、人事労務担当者が担う労働衛生関係の業務や健康経営についてのアドバイス等、対応範囲が広く、コストパフォーマンスが高いことが最大のメリットです。また、産業医の業務をサポートすることもできるため、産業医訪問の時間をより有効活用することができます。

産業保健師を選ぶ際の4つのポイント

産業保健師は設置が義務付けられておりませんが、実際設置する場合、報酬をはじめとした様々な面で産業医よりもハードルが低い存在でもあります。

産業保健師を選ぶ際も、産業医と同様にポイントを押さえておくことが大切ですが、そのためにはどこに注意すれば良いのでしょうか、これから見ていきましょう。

職場の状況改善と大切な従業員たちの健康管理をするためにも、まずはプレゼンス・メディカルにお問い合わせいただき、優秀な産業医/産業保健師探しをスタートさせましょう。

優秀で、よりマッチした産業医/産業保健師探しのため、スタッフも最大限のお手伝いをさせていただきます。