PAGE TOP

コラム

column

介護施設・保育園・福祉施設・在宅で
最も取得したい研修が喀痰吸引等研修

喀痰吸引等研修:2025年まで待ったなし!
著者/監修プロフィール

株式会社プレゼンス・メディカル 創業会長兼CEO今西和晃
/ Tomoaki Imanisih

医療、健康、教育、環境など、多岐にわたる分野での社会貢献を目指し、プレゼンス・メディカルを設立。日本の医療・介護分野において「技術の革新」をキーワードに、数々の新しいケアプロトコルを生み出し、業界に貢献している起業家である。M&Aやベンチャーキャピタルの分野で多数の事業を手掛け、その経験と知識を活かして、日本の介護業界にイノベーションをもたらすプレゼンス・メディカルを設立しました。
同社のCEOとしても活躍し、研修や喀痰吸引に関するコラムを通じて、事実に基づいた医療的ケアの意義や役割を啓蒙している。その知見は、今後の介護業界の発展に大きく貢献することが期待される。
2014年から500施設以上の施設経営者と直接対面を行い、現場における課題解決に向けた対談多数。公益社団法人 全国老人福祉施設協議会でのセミナーを全国28都道府県で実施。

2024.03.23

喀痰吸引等研修:2025年まで待ったなし!

:要約:

喀痰吸引等研修は、介護職員にとって必須の研修です。研修を受講することで、喀痰吸引の知識と技術を習得し、利用者さんへの安全かつ適切なケアを提供することができます。研修には、基礎研修と応用研修の2種類があります。基礎研修では、喀痰吸引の基本的な知識と技術を学び、応用研修では、応用的な知識と技術を学びます。研修を受講することで、スキルアップ、キャリアアップ、介護報酬加算などのメリットがあります。研修を選ぶ際には、内容、時間、費用、場所、講師、評判などを参考にしてください。高齢化社会における重要な研修であり、利用者さんへの安全なケアを提供するために必要です。

参考:
参考:厚生労働省: 喀痰吸引等研修: 
参考:介護職員処遇改善加算:
参考:厚生労働省「喀痰吸引等研修カリキュラム概要 」
参考:厚生労働省 社保審 介護保険部会「地域包括ケアシステムの更なる深化・推進(参考資料)」


喀痰吸引等研修とは?

喀痰吸引等研修とは、医療や介護の現場で必須とされる、患者さんの気道管理を効果的に行うための技術を学ぶ研修です。この研修を受けることで、看護師や介護士は、呼吸器に障害を持つ患者や高齢者が抱える喀痰問題に対処し、快適で安全な生活を支援できるようになります。特に、風邪やインフルエンザ、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの患者にとって、喀痰の適切な管理は呼吸の改善、感染症のリスク低減、生活の質の向上に直結します。

この研修は、医療機関や介護施設だけでなく、在宅ケアを提供するスタッフにとっても非常に価値があります。技術の正確な実施は患者の苦痛を減少させ、二次的な健康問題の発生を防ぎます。さらに、喀痰吸引技術は、緊急事態に迅速かつ効果的に対応する能力を看護師や介護士に提供するため、非常に重要なスキルセットの一部とされています。

本ガイドでは、喀痰吸引等研修の種類、メリット、取得できる資格、将来性、そして適切な研修プログラムの選び方について詳しく解説します。さらに、実際に研修を受けた人々の体験談を通じて、研修の実際の様子と影響をお伝えします。喀痰吸引技術の習得が医療・介護現場でどのように役立つのか、このガイドを通して理解を深めていただければ幸いです。

1.1 喀痰吸引等研修の目的

喀痰吸引等研修の目的は、以下なにります。

  • 入居率向上・退所者減。看取り・慢性期高齢者の対応が可能に。     

    慢性期の医療と介護のニーズをあわせもつ高齢者が増加していく中、入居者のご家族が医療的ケア(喀痰吸引)の可否を気にされる家族様が増えております。また、看取りを重要視する家族様も増えております。入居率は施設経営にとって最大の課題です。

    介護職員のスキルをアピールすることにより他社との差別化をはかり入居率向上に貢献できます。

  • 2025年問題への対応。人手不足対策

    2025年にはたん吸引が必要な後期高齢者の急増が予測され、医療的ケアが必要な

    「要介護者」に対応出る介護士が不足する、といったことが起こります。在宅介護の必要性も増すことから、吸引ができる介護士の需要が増えると見込まれます。2025年には高齢者の5人に1人が何かしらの疾患を担った後期高齢者とになり、要介護者が増える見通しとなっており、「医療的ケアの資格を有している介護人材の不足」は2025年問題において深刻な問題です。

  • 各種加算獲得が可能に。2024W改定に対応!

    夜間配置加算、看取り加算、処遇改善加算の3本の加算取得が可能に。全国市長会を代表する大阪府豊中市の長内繁樹市長は、「経営が大変しんどくなってきている。光熱費など必要経費が大きくなり、経営難から施設を閉じざるを得ない事業者が出てくることも考えられる」と懸念を表明 。益々厳しくなる経営にとって加算は無くてはならない収入源です。

    (参照: https://www.wam.go.jp/hp/wp-content/uploads/230324_No017.pdf )

  • 厚生労働省の今後の動きへの対応。

    厚生労働省 老健局は来年4月の介護報酬改定に向けた協議を重ねている国の審議会が202387に開かれた。厚生労働省は特別養護老人ホームを取り上げ、目下の課題の1つとして「看取りを含めた医療ニーズへの対応の強化」を提起しました。終の棲家、いわゆる看取りの場として介護事業所全体をみています。同時に発表された今後の課題として、『今後も中重度の高齢者が増加することが見込まれる中、入所者のニーズにこたえ、 定的にサービスを提供するために、どのような方策が考えられるか。』と締めくくられている

    (参照: https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/001131787.pdf )

1.2 喀痰吸引等研修の歴史

喀痰吸引等研修は、2006年に介護保険制度に導入されました。当時は任意の研修でしたが、2012年から義務化されました。

喀痰吸引等研修(オンライン研修)

(不特定多数の⽅に対応)

  • 基本研修

    • 講義50時間
      筆記試験
      シミュレーター演習
  • 実地研修

    1号研修(5⾏為全て実習) 2号研修(希望⾏為のみ実習)

  • ・⼝腔内の喀痰吸引
    ・⿐腔内の喀痰吸引
    ・気管カニューレ内部の喀痰吸引
    ・胃ろうまたは腸ろうによる経管栄養
    ・経⿐経管栄養

 

①講義(50時間)※オンラインでの講義になります
痰吸引・経管栄養に必要な基礎知識を50時間の講義(約7日間)で学びます。

介護事業者がオンライン研修を受講する5つのメリット

1、移動の必要がない

天候や天災に左右されずに研修を受講できる
移動交通費のコストカット

2、施設の出入りを制限

密を避けて安全に受講
慣れた環境で落ち着いて講義に集中

3、シフト調整も楽

複数の研修に1名から受講
計画的な受講で施設内の資格取得者を増やせる

4、助成金活用OK

人材開発支援助成金を活用して費用を抑えられる

  • 喀痰吸引等研修で活⽤できる⼈材開発⽀援助成⾦

    人材開発支援助成金について

    人材開発支援助成金は、雇用する労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、職務に関連した専門的な知識及び技能を修得させるための職業訓練等を受講させる事業主等に対して助成する制度です。訓練を計画に沿って実施した場合に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部が助成されます。

    喀痰吸引等研修では、助成金(人材開発支援助成金)を活用できます。また、「当該分野において労働生産性の向上に必要不可欠な専門性・特殊性が認められる技能に関する訓練」とされており、一般訓練より高い助成率・助成額となっています。

    そもそも助成金って?

    助成金とは、労働者の職業安定や企業の研究資金援助や技術発展のため、厚生労働省や各自治体、財団法人などから支給される支援金です。特に、厚生労働省管轄の助成金は雇用保険を財源とし、要件を満たせば原則受給でき、返済は不要です。

5、分かりやすい講義

対面研修とかわらない分かりやすい講習
実務年数5年以上のベテラン看護師が講師






②筆記試験(認定評価)
義で学んだことを確認するために筆記試験(四者択一式)により、知識の習得を確認します。

③シミュレーター演習(認定評価)
痰吸引、経管栄養及び救急蘇生法の演習を行います。シミュレーター(訓練モデル)吸引装置等を使用して、下記カリキュラムに示す行為の種類ごとに所定の回数を行います。

④実地研修(病院 or 自施設)
地先病院様もしくは所属事業所(法人内他事業所を含む)の利用者様の協力を得て、指導看護師の指導の下で下記力リキュラムに示す行為の種類ごとに所定の回数の実地研修を行います。

⑤実地先のご紹介について
※近隣の医療療養型病院・介護療養型病院・介護施設をご紹介します。
※実務者研修修了者への実地受入れも可能。修了証の発行のみも可能。
※口腔のみでも修了書の発行が可能。
※全5項目完了にかかる期間(目安)5~8日。

⑥修了証書発行について
すべての研修課程を修了した方には、登録研修機関から「喀痰吸引等研修修了証書」を発行します。

⑦各都道府県への申請
都道府県へ「認定特定行為業務従事者の交付申請」を行なってください。受理された後、「認定特定行為業務従事者資格証」が送達されます。

⑧所属事業所での登録
資格証のコピーを所属事業所へご提出ください



喀痰吸引等研修の種類

喀痰吸引等研修には、さまざまな種類があります。最も基本的なものから、特定の患者群や状況に特化した高度な研修まで、ニーズに合わせて選択することが可能です。

基本的な喀痰吸引研修: これは、医療や介護の現場で働き始めたばかりのスタッフを対象とした研修です。喀痰吸引の基本原則、手順、機器の使用方法など、基礎的な知識と技術が教えられます。

上級者向け研修: 経験を積んだ看護師や介護士を対象に、より高度な技術や特殊な状況下での喀痰吸引法について学びます。この研修では、様々な医療状況や患者の特性に応じた喀痰吸引の応用方法が扱われます。

特定の患者群を対象とした研修: たとえば、小児や高齢者、ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者など、特定の患者群に特化した研修もあります。これらの研修では、特定の群の患者に最適な喀痰吸引方法が学ばれます。

在宅ケア向け研修: 在宅医療や介護を提供するスタッフ向けの研修では、家庭での喀痰吸引の特別な考慮事項や対応策が教えられます。患者や家族とのコミュニケーション方法、在宅環境での安全対策なども含まれます。

各研修プログラムは、受講者の現在のスキルレベル、キャリア目標、および対応する患者のニーズに基づいて選択されるべきです。研修を選ぶ際には、プログラムの内容、講師の資格、および過去の受講生のフィードバックを慎重に評価することが重要です。

第1号、2号研修 

 (研修内容詳細ページ)

第1号研修を受講することで、不特定多数の人に対して「喀痰吸引(口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部)」と「経管栄養(胃ろう又は腸ろう、経鼻)」を実施することが可能になります。
第2号研修を受講することで、不特定多数の人に対して「喀痰吸引(口腔内・鼻腔内のみ)・経管栄養(胃ろう又は腸ろうのみ)」などの実地を終了した項目を実施することが可能になります。

科目 時間
講義 人間と社会 1.5時間
保健医療制度とチーム医療 2時間
安全な療養生活 4時間
清潔保持と感染予防 2.5時間
健康状態の把握 3時間
高齢者及び障害児・者の喀痰吸引概論 11時間
高齢者及び障害児・者の喀痰吸引実施手順解説 8時間
高齢者及び障害児・者の経管栄養概論 10時間
高齢者及び障害児・者の経管栄養実施手順解説 8時間
演習 口腔内の喀痰吸引 5回以上
鼻腔内の喀痰吸引 5回以上
気管カニューレ内部の喀痰吸引 5回以上
胃ろう又は腸ろうによる経管栄養 5回以上
経鼻経管栄養 5回以上
救急蘇生法 1回以上
実地演習 口腔内の喀痰吸引 10回以上
鼻腔内の喀痰吸引 20回以上
気管カニューレ内部の喀痰吸引 20回以上
胃ろう又は腸ろうによる経管栄養 20回以上
経鼻経管栄養 20回以上
  • 喀痰吸引基礎研修
    • 喀痰吸引の基本的な知識と技術を習得する研修
    • 研修時間は16時間
  • 喀痰吸引応用研修
    • 喀痰吸引の応用的な知識と技術を習得する研修
    • 研修時間は8時間

2.1 喀痰吸引基礎研修の内容

喀痰吸引基礎研修では、以下の内容を学びます。

  • 喀痰吸引の必要性
  • 喀痰吸引の適応と禁忌
  • 喀痰吸引の準備
  • 喀痰吸引の手順
  • 喀痰吸引後のケア
  • 感染予防策

2.2 喀痰吸引応用研修の内容

喀痰吸引応用研修では、以下の内容を学びます。

  • 喀痰吸引のトラブルシューティング
  • 特殊な状況での喀痰吸引
  • 喀痰吸引機器の管理

2.3 喀痰吸引等研修のカリキュラム

喀痰吸引等研修のカリキュラムは、研修機関によって異なりますが、一般的には以下の内容が含まれます。

  • 講義
    • 喀痰吸引の必要性
    • 喀痰吸引の適応と禁忌
    • 喀痰吸引の anatomy and physiology
    • 喀痰吸引の手順
    • 喀痰吸引後のケア
    • 感染予防策
  • 実技
    • 喀痰吸引用具の準備
    • 喀痰吸引シミュレーターを用いた実技
    • 実際の利用者さんへの喀痰吸引

2.4 喀痰吸引等研修の受講対象者

喀痰吸引等研修は、介護職員であれば誰でも受講できます。また、看護師や理学療法士などの医療従事者も受講することができます。

喀痰吸引等研修のメリット

喀痰吸引等研修の最大のメリットは、患者様の生活の質の向上に直結することです。この研修を受けることで、医療従事者は、患者様が経験する呼吸困難を軽減し、快適な日常を提供する能力を身につけることができます。また、患者様の不快感や苦痛を最小限に抑えることができ、それによって、患者様とその家族からの信頼と満足度を高めることができます。

緊急時の対応能力の向上も、喀痰吸引等研修の大きなメリットです。呼吸障害が生じた際、迅速かつ正確に対処できるスキルは、患者様の生命を救うことがあります。この研修を受けることにより、医療従事者は、患者様が突然、呼吸困難に陥った際にも、落ち着いて適切な措置を取ることが可能になります。

さらに、喀痰吸引等研修を受けたことで、医療従事者は職場内外での信頼性が高まります。これは、医療・介護現場で働くスタッフ間のコミュニケーションの改善、チームワークの向上に寄与し、結果として患者様へのケアの質を向上させることにつながります。

喀痰吸引等研修を受けることには多くのメリットがあります。ここでは、特に重要な利点をいくつか紹介します。

患者の安全性と快適性の向上: 喀痰吸引は、呼吸困難を経験している患者にとって、直接的な快適性の向上につながります。正しい技術で喀痰を除去することで、呼吸が楽になり、酸素の取り込みが向上します。これにより、患者はより快適に過ごすことができ、生活の質が大幅に向上します。

緊急時の対応能力の向上: 緊急事態では、迅速かつ正確な喀痰吸引が患者の命を救うことがあります。研修を受けた医療従事者は、緊急時に冷静かつ効果的に対応できるようになります。

職場での信頼性の向上: 喀痰吸引等の研修を受けたスタッフは、同僚や上司からの信頼を得やすくなります。また、患者やその家族からも、より信頼され、安心してケアを任せられるようになります。

専門知識とスキルの向上: 研修を通じて、最新の喀痰吸引技術や知識を学ぶことができます。これにより、専門性が高まり、キャリアの発展にもつながります。

喀痰吸引等研修を受講するメリットは、以下の3つです。

  • 介護職員のスキルアップ
    • 喀痰吸引の知識と技術を習得することで、利用者の安全と安心を守ることができる
  • キャリアアップ
    • 喀痰吸引の資格を取得することで、就職や転職に有利になる
  • 介護報酬の加算
    • 喀痰吸引等研修を受講した介護職員は、「喀痰吸引等加算」の算定対象となる

3.1 喀痰吸引等加算

喀痰吸引等加算は、喀痰吸引等研修を受講した介護職員が、利用者に対して喀痰吸引を行った場合に算定できる介護報酬です。加算額は、1回あたり100円です。

3.2 キャリアアップ

喀痰吸引等研修の資格を取得することで、就職や転職に有利になります。また、介護職員処遇改善加算の算定対象となるため、収入アップにつながります。

3.3 介護報酬の加算

喀痰吸引等研修を受講した介護職員は、「喀痰吸引等加算」の算定対象となります。

取得可能な各種「加算」

  • 夜勤職員配置加算
  • 日常生活継続支援加算
  • 入居継続支援加算    
  • 介護職員特定処遇改善加算
  • 看取り介護加算

3.4 喀痰吸引等研修の資格取得によるメリット

喀痰吸引等研修の資格を取得することで、以下のメリットがあります。

  • 介護職員としてのスキルアップ
  • キャリアアップ
  • 介護報酬の加算
  • 就職や転職に有利
  • 利用者さんへの安全かつ適切なケア

喀痰吸引等研修の資格

喀痰吸引等研修を完了すると、医療従事者は特定の資格や認定を受けることができます。これにより、自身の専門性を証明し、キャリアのさらなる発展を目指すことが可能になります。資格を取得することで、職場での役割が拡大し、より高度な医療介護サービスの提供が可能になります。また、資格を持つことは、職場での昇進や給与アップの機会を増やすことにもつながります。

喀痰吸引等研修を受けることで取得可能な資格は、受講者の専門性を証明し、医療・介護現場での職務範囲の拡大に寄与します。以下に、研修完了後に期待できる資格とそのメリットを詳細に解説します。

  • 資格の種類:

    • 基本的な喀痰吸引研修認定
    • 上級喀痰吸引技術者認定
    • 特定の患者群向け喀痰吸引研修認定(例:小児、高齢者、特定疾患を持つ患者向け)
  • 資格取得後のメリット:

    • 職務範囲の拡大: 特定の喀痰吸引技術を要する職場での就業機会の増加。
    • 専門性の証明: 患者や家族、同僚からの信頼度の向上。
    • キャリアアップ: 資格を持つことで、昇進や給与の増加が期待できる。
    • 継続的な学習: 最新の喀痰吸引技術や知識を習得し、専門性を保持する。

4.1 喀痰吸引等研修修了証

喀痰吸引等研修を受講すると、「喀痰吸引等研修修了証」が発行されます。この修了証は、介護職員処遇改善加算の算定基準の一つにっているため、介護職員にとって必須の資格です。

4.2 喀痰吸引等研修の資格取得方法

喀痰吸引等研修の資格取得方法は、以下の2つです。

  • 厚生労働大臣指定の研修機関で喀痰吸引等研修を受講する
  • 大学や専門学校で喀痰吸引に関する科目を受講する

4.3 喀痰吸引等研修の資格の更新

喀痰吸引等研修の資格は、5年ごとに更新する必要があります。更新方法は、以下の2つです。

  • 厚生労働大臣指定の研修機関で喀痰吸引等研修の更新研修を受講する
  • 大学や専門学校で喀痰吸引に関する科目を再受講する

喀痰吸引等研修の将来性

医療・介護業界の将来性とともに、喀痰吸引等研修の需要も高まっています。以下に、その理由と将来の見通しを示します。

  • 高齢化社会の進行: 高齢者人口の増加に伴い、喀痰吸引を必要とする患者が増加しています。
  • 在宅医療・介護の拡大: 自宅でのケアを望む人が増えており、在宅での喀痰吸引技術が求められています。
  • 技術の進化: 喀痰吸引技術の進歩により、より効率的かつ安全な方法が開発されています。

5.1 高齢化社会と喀痰吸引

高齢化社会の進展により、喀痰吸引が必要な利用者は今後も増加していくと考えられます。そのため、喀痰吸引等研修の需要も高まっていくでしょう。

5.2 喀痰吸引等研修の需要

喀痰吸引等研修の需要は、以下の理由により高まっています。

  • 高齢化社会の進展
  • 介護保険制度の拡充
  • 医療・介護の連携強化

5.3 喀痰吸引等研修の重要性

喀痰吸引等研修は、高齢化社会における重要な研修です。喀痰吸引等研修を受講することで、利用者さんへの安全かつ適切なケアを提供することができます。

喀痰吸引等研修の選び方

質の高い喀痰吸引研修を選ぶためには、以下のポイントを考慮する必要があります。

  • 研修内容の確認: 実技指導の比率、使用される機器の種類、研修の長さを確認する。
  • 講師の資格と経験: 講師が専門的な知識と実践経験を持っているかどうかを確認する。
  • 過去の受講生の評価: 受講生からのフィードバックや評価を参考にする。
  • 費用対効果: 研修費用と得られる資格やスキルのバランスを評価する。

喀痰吸引等研修を選ぶ際には、研修の内容、講師の質、受講料、過去の受講生の評価など、様々な要素を検討する必要があります。自分の現在のスキルレベルやキャリア目標に合った研修を選ぶことが、最も効果的な学習につながります。また、研修を選ぶ際には、自分が働く医療・介護の現場で直面する可能性のある具体的な状況や患者様のニーズを考慮することも重要です。

  • 研修内容
    • 自分が希望する内容の研修を選ぶ
  • 研修時間
    • 自分の都合に合った研修時間を選ぶ
  • 研修費用
    • 予算に合った研修費用を選ぶ

6.1 研修内容

研修内容は、研修機関によって異なります。自分の希望する内容の研修を選ぶ

6.2 研修時間

研修時間は、16時間または8時間です。自分の都合に合った研修時間を選ぶようにしましょう。

6.3 研修費用

研修費用は、研修機関によって異なります。一般的には、5万円~か8万円~程度(助成金活用時)です。

6.4 研修場所

研修場所は、全国各地にあります。自分の住んでいる地域に近い研修を選ぶようにしましょう。

6.5 研修講師

研修講師は、医師、看護師、理学療法士など、喀痰吸引に関する専門知識を持つ者が務めます。研修講師の経歴や実績を確認するようにしましょう。

6.6 口コミ・評判

研修機関を選ぶ際には、口コミ・評判も参考にしてみましょう。

6.7 その他のポイント

  • 研修機関の認可状況
  • 研修後のフォローアップ体制

喀痰吸引等研修の体験談

実際に研修を受けた人々の体験談は、研修のリアルなイメージを提供します。以下に、体験談のポイントを示します。

  • 研修の雰囲気: 実際の研修環境や受講生同士の交流について。
  • 学んだ内容とスキル: 研修で得た知識や技術、実践での応用方法。
  • 研修後の変化: 職場での対応能力の向上や、患者からの反応の変化。

[体験談1]

私は、介護職員として働き始めて3年目です。今年、喀痰吸引等研修を受講しました。研修では、喀痰吸引の基本的な知識と技術を学ぶことができました。また、実際の利用者さんを想定した実技練習も行いました。

[体験談2]

私は、喀痰吸引等研修を受講して、介護職員として自信がつきました。以前は、喀痰吸引を行うのが不安でしたが、研修でしっかりと学ぶことで、安心して利用者さんに対応できるようになりました。


7.1 研修内容の感想

研修内容は、とても充実していました。喀痰吸引の基礎知識から、応用的な技術まで、丁寧に教えていただきました。

7.2 研修で学んだこと

研修で学んだことは、以下の通りです。

  • 喀痰吸引の必要性
  • 喀痰吸引の適応と禁忌
  • 喀痰吸引の手順
  • 喀痰吸引後のケア
  • 感染予防策

7.3 研修後の変化

研修を受けたことで、喀痰吸引に対する自信がつきました。以前は、喀痰吸引を行うのが不安でしたが、研修でしっかりと学ぶことで、安心して利用者さんに対応できるようになりました。

7.4 喀痰吸引等研修を受講してよかったこと

喀痰吸引等研修を受講して、以下のことがよかったです。

  • 喀痰吸引の知識と技術を習得できた
  • 自信がついた
  • 利用者さんへの安全かつ適切なケアを提供できるようになった

喀痰吸引等研修に関するQ&A

8.1 喀痰吸引等研修は義務ですか?

はい、介護職員が喀痰吸引を行う場合は、喀痰吸引等研修を受講することが義務付けられています。

8.2 喀痰吸引等研修の費用は誰が負担しますか?

喀痰吸引等研修の費用は、基本的に自己負担となります。ただし、事業所によっては費用を負担してくれる場合もあります。

8.3 喀痰吸引等研修はどこで受講できますか?

喀痰吸引等研修は、全国各地の研修機関で受講できます。

8.4 喀痰吸引等研修を受講するのに必要なものは?

喀痰吸引等研修を受講するのに必要なものは、筆記用具とテキストです。

8.5 喀痰吸引等研修に落ちたらどうすればいいですか?

喀痰吸引等研修に落ちた場合は、再受講することができます。

8.6 喀痰吸引等研修の資格はどのくらい有効ですか?

喀痰吸引等研修の資格は、永久的に有効です。

8.7 喀痰吸引等研修の資格を活かせる仕事は?

喀痰吸引等研修の資格を活かせる仕事は、以下の通りです。

  • 介護施設
  • 訪問介護
  • デイサービス

8.8 喀痰吸引等研修以外に介護職員が取得できる資格は?

喀痰吸引等研修以外に、介護職員が取得できる資格は、以下の通りです。

  • 基本介護技術習得研修
  • サービス提供責任者研修
  • 認知症介護実践研修
  • 医療機器使用研修

オンライン研修(ライブ配信)の『 よくある質問 』

新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどによる感染症対策としてオンライン研修なら研修の質を落とすことなく、安心で安全な研修をご受講頂けます。

Q
WEB研修(録画)やDVD視聴研修と、オンライン研修(ライブ配信)との違いは?
A
好きな時間に自由に視聴したり、YouTube のように一方的に流れてくる講義をただ受動的に聞くのとは違い、決められた日程で講師がオンタイムで講義を行い、講師と受講生と対話しながら研修を進めることで、対面研修と同等の研修が受けられます。
Q
パソコンは1人1台必要ですか?
A
複数名でご受講の場合は、TVもしくはプロジェクターに接続して頂く事で1台のパソコンで全員がご受講頂けます。
Q
パソコンに不慣れで設定に不安がありますが大丈夫ですか?
A
パソコンの設定方法や接続方法のご説明をしながら、設定完了までをご一緒に確認させて頂きますのでご安心ください。また、カメラやマイク等のないパソコンをお持ちの場合は、弊社より貸出しいたします。研修開始の約2週間前までにカメラやマイク等のテストも行います。
Q
一方的に講義が進んでしまい、研修についていけないのではと不安です
A
オンライン研修(ライブ配信)は、テレビ電話のように顔を見ながら対話できます。研修も、対面研修と同様に講師は受講生の、受講生は講師の顔を見ながら進めます。習熟度をその都度確認しながら進めるので、安心してご受講頂けます。
Q
講義の最中に質問事項がある時はどうすれば良いのですか?
A
対面研修と同様に、講義の中で質問時間を用意します。疑問点はその場で質問、その場で解決できます。
Q
テストや演習はどうするのですか? 対面して行うことはありますか?
A
はい、あります。 厚生労働省の規定により、テストと演習のみ対面での研修となります。
Q
14時間の経過措置の介護士も、基本研修からの受講が必要ですか?
A
必要です。 14時間の経過措置受講は「資格」ではなく、今後廃止の方向で検討されています。経過措置終了後は、資格を持たない介護職員が医行為を行うと違法行為となります。
Q
オンライン研修(ライブ配信)ならではのメリットはありますか?
A
別日程の研修に分かれてご参加頂くことで、シフトに影響なく複数名が受講可能です。また、天災や路面凍結等による影響を受けないので、予定通りの日程で受講でき、もちろん研修場所に向かう交通費もかからずコスト低減できます。

喀痰吸引等研修の種類

研修名 研修時間 内容
喀痰吸引基礎研修(不特定多数)1,2号研修 50時間 不特定に対する喀痰吸引の基本的な知識と技術
喀痰吸引基礎研修(特定)3号研修 8時間 特定に対する喀痰吸引の基本的な知識と技術

本記事は発表当時のデータに基づき、一般的な意見を提供しております。経営上の具体的な決断は、各々の状況に合わせて深く思案することが求められます。したがって、専門家と話し合いながら適切な決定を下すことを強く推奨します。この記事を基に行った判断により、直接的または間接的な損害が発生した場合でも、我々はその責任を負いかねます。

Documents・Contact

2025年に向け必要とされている
介護職員の医療的ケア。

2025年に向け必要とされている介護職員の医療的ケア。
介護施設・保育園・福祉施設・在宅で医療的ニーズのある利用者が今後さらに増えています。
利用者が安心した生活を過ごせるように、 喀痰吸引等の資格取得が必要です。
研修予算計画を始め、現場に寄り添った年回計画を策定し、安定的な資格取得の計画をご提案します。