MENU

喀痰吸引等研修 / 医療的ケア教員講習 / 実地先病院紹介

株式会社プレゼンス・メディカルでは、平成24年4月1日に施行された改正後の「社会福祉士及び介護福祉士法」により、介護職員等による喀痰吸引等の医療的ケアの実施が制度化されたことから、特別養護老人ホーム等の施設・事業所、居宅において必要なケアを安全に提供するため、適切に喀痰吸引等を行うことのできる介護職員等を養成することを目的とした研修を行っております。

喀痰吸引等研修とは

喀痰(かくたん)吸引等研修は、介護職員が、一定の条件の下でたん吸引等の実施が可能となったことを受けて、2012年4月から始まった研修です。 たんの吸引や経管栄養は「医行為」と整理されており、現在は、一定の条件の下に実質的違法性阻却論により容認されている状況。 研修(実地研修含む)の修了によって、お勤めの施設や在宅サービスで喀痰吸引などを行うことが認められます。 介護職としてのケアはもちろん、こちらの研修を受けることによって、さまざまな状況の利用者様のケアを行うことができます。

説明動画

厚生労働省のページ
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/tannokyuuin/

従業員離職防止サポート

退職を考えている従業員には、いくつか特徴があります。これらの「退職のサイン」を事前にキャッチし、個別に対策することが必要です。不安の排除が離職防止の手始めです。

まずは、保健師を窓口として
従業員が外部に相談できる環境を作りましょう!

離職防止プログラム

退職サインの例

●不満や愚痴が増えるor不満や愚痴が減る
●欠勤や遅刻などの勤怠の乱れ
●発言や行動が消極的になる
●同僚と話さなくなる

一人ひとりの心境の変化や悩みをキャッチし 不安を解消し、安心して働ける 職場を目指しませんか!

”保健師相談 X AI”を活用した離職抑制AI支援

AIが保健師からの情報を元に傾向と対策を作成




離職抑制AIサポート

AIが保健師が電話で直接従業員から相談を受けた内容から離職を回避するための最適な対策をアドバイスする。
アドバイス後は24時間監視システムにより、対象へのアドバイスが行われる。
(チャットボットによる受け答え)
今よりも対象者とのお悩み相談から回答までの時間を短縮して、離職意欲の沸点に到達する前に回答を行う。

怒りは6秒で鎮静化します。現場での怒りをAIに吐き出すことでAIが適切な回答を対象者に回答し、離職率の沸点に到達する前に回答することで怒りや不安を和らげます。