MENU

介護施設・保育園・福祉施設・在宅で
最も取得したい研修が喀痰吸引等研修!

介護施設・保育園・福祉施設・在宅で医療的ニーズのある利用者が今後さらに増えています。 利用者が安心した生活を過ごせるように、喀痰吸引等の資格取得が必要です。 研修予算計画を始め、現場に寄り添った年回計画を策定し、安定的な資格取得の計画をご提案します。

最も取得したい研修が喀痰吸引等研修!

2025年にはたん吸引が必要な後期高齢者の急増が予測され、医療的ケアが必要な「要介護者」に吸引を必要とされているにもかかわらず、対応出きる介護士が不足する、適切な介護サービスを受けられないといったことが起こります。喀痰(かくたん)吸引は、介護現場において需要が高い処置です。しかし、医療ケアに当たるサービスのため、医療資格を持たない通常の介護職員が実施することはできません。介護職員が喀痰吸引を行うには、喀痰吸引や経管栄養の専門的な知識を学び、技術を身に付ける「喀痰吸引等研修」を修了する必要があります。

2025年に向けて、医療的ニーズのある利用者が今後さらに増えていきます。
利用者の受け入れ強化のために、安定的な資格取得の計画をご提案します。

こんなことでお困りの方ご連絡ください!

  • 研修には出したいけど人が足りない。
  • 実地先の調べ方がわからない
  • 指導看護師がいない
  • 実地先がないから困っている。
  • シフトの調整ができない。
  • とったはいいものの、すぐやめるから費用がもったいない
  • 県申請のやり方がわからない
  • 1号2号どっちとればいいの?
  • 取得したけど、対象者がいなくなってしまった。次不安でできない

喀痰吸引等研修に関するコラム